acom RECRUITING

MYPAGE ENTRY

社員を知る

お客さま第一義に徹し、
お客さまを笑顔にする
応対を追及する

MARIKO
KADOTA

門田 眞理子

西日本営業部 天王寺統括支店

2017年入社

※所属は取材当時のものです

CHAPTER 01 /
インターンシップに参加して感銘
を受けた
「お客さま第一義」

私が就職先として当社を強く意識するようになったのは、インターンシップに参加したことがきっかけでした。テレビコマーシャルなどで社名はよく耳にしていたものの、会社概要や事業内容などはわからず、インターンシップに参加すれば当社のことを理解出来るのではないかと考えました。その結果、よく知られているローン・クレジットカード事業の他に、信用保証事業、ASEANを中心とした海外金融事業を展開しており、活躍の舞台が数多く用意されていることを知りました。また、企業理念にある「お客さま第一義」に深く感銘を受け、当社への志望度が一段と高まりました。インターンシップでは、若手社員との交流会があり、学生に対する対応は、親切丁寧でかつ誠実でした。企業理念に掲げる、「お客さま第一義」はなぜ、「第一主義」ではなく、「第一義」としているのかを含めて、企業理念が社内にしっかり根付いていることがとても印象的でした。
さらに選考の過程では、いつも私の言葉に真摯に耳を傾けてくれるだけでなく、時には社会人を目指す学生を応援するために、採用面接を受ける際のアドバイスを頂くこともありました。
私は「どこで働くか」よりも、「誰と働くか」を就職活動のテーマとしてとても重視していたので、応募者一人ひとりのことを考えた血の通った対応に感激し、「このような社員と一緒に仕事がしたい」と強く思い、入社を決意しました。

CHAPTER 02 /
お客さまの笑顔を見ると、
自分の胸も熱くなる

支店の窓口業務において、お客さまとの応対を重ねる中で、当社の仕事がいかに多くの方に役立っているかを改めて実感しています。「資格取得のために入る学校の授業料の支払いに…」「結婚式の費用が足りなくて…」など夢を叶えるための手段として、資金を必要とされている方がたくさんいらっしゃいます。お客さまの切実な要望に応えることができて、「ありがとう、助かりました」と笑顔で感謝の言葉を頂いたときは、自分の胸も熱くなります。
支店業務は、新規契約や契約内容の変更などで来店されるお客さまへの応対が中心になりますが、お取引中のお客さまへの電話による有益な情報をご案内する業務も行っています。対面応対、電話応対などお客さまとの応対シーンはさまざまありますが、入社してから成長を感じることの1つに「お客さまの話を“聴く”」姿勢が身についた、ことがあります。入社後数ヶ月は「自分が伝えたいこと」ばかりに気が向いていたところがありました。しかし、それではお客さまの真の満足を得ることはできません。徐々に仕事に馴れ、上司や先輩のアドバイスもあって、単に話を“聞く”のではなく、お客さまの気持ちを理解するよう“聴く”姿勢が身に付いたことは、私が成長している証です。

CHAPTER 03 /
入社初日から体験した、
働きやすい職場環境

支店への初出社日に嬉しい出来事がありました。不安を抱えながらお店に入り、用意されたロッカーを開けると「入社おめでとう!」と書かれた先輩たちからのメッセージカードが貼られていたのです。入社前から想像していたとおり、お客さまはもちろん、職場の仲間も含めて人に対する温かな気持ちに満ち溢れている働きやすい会社であることを実感しました。
また、勤務時間中は集中して仕事に臨み、それ以外はしっかり自分のために時間を使うことが出来ます。支店勤務の場合、土、日、祝日は休業日であり、休暇も気兼ねなく取得出来ます。私は宝塚の舞台を見るのが好きなのですが、チケットが取りやすい平日に鑑賞するため効率的に活用しています。
社内の教育制度も充実しています。私は「貸金業務取扱主任者」の社内講習に参加し、入社1年で合格することが出来ました。現在は「オンライン英会話レッスン(社内公募)」を受講し、語学勉強中です。また、他にも通信教育、読書支援や海外事業に関する勉強会、決算概要の説明会などもあり、自分のキャリアプランを考える機会が様々な形で用意されていると感じます。

message
学生のみなさんへ

私は「どこで」より「誰と」働くかを重視し、就職活動を行いました。その考えに基づいて就職活動を進めた結果、私が選んだのはアコムでした。
また、会社説明会や面接などで各企業の方と話す際には、「無理して飾らない」よう意識しました。就職活動中は、面接官や社員の方に自分を印象づけようと、つい自分を大きく見せようとしてしまいがちです。しかし、会社側はエピソードの内容以上に、その裏にある思いや考え方を知りたいのだと思います。だからこそ、私は「ありのままの姿」で話をするようにしていました。