企業研究キーワード編

Keyword

アコムという企業のことをわかりやすくキーワードでまとめています。 お客さまや社員に対する姿勢から未来のキーワードまで、アコムの想いを体感してください。

01

お客さま第一義

02

アコムとIT

03

ESなくしてCSなし

04

キャッシュレス

05

わかるまで聞きます、調べます

06

×顧客 〇個客

07

講義@大学

お客さま第一義

「お客さま第一主義」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、アコムでは「お客さま第一義」を企業理念に掲げています。「第一主義」は、自分の主観や意志が含まれますが「第一義」は「究極の真理、理屈を超えて尊いもの」を意味しており、主観や意志が含まれておりません。このため、アコムにとってお客さまは、理屈抜きに尊い存在、絶対の存在であることを理念で示しているのです。

アコムとIT

金融とITは、今や切り離すことのできないもの。アコムはお客さまへのサービスと利便性の向上を永続的に行うために、システム開発を行っています。自動契約機(むじんくん)などをはじめとするお客さま向け機器やシステムはもちろん、社内業務をより円滑に行えるようになることで、お客さまへのサービスの質が向上するようなシステムの開発まで、「お客さま満足の向上」をキーワードに、あらゆるシステムの開発を行っています。

ESなくしてCSなし

ESはEmployee Satisfaction(従業員満足)の略。CSはCustomer Satisfaction(お客さま満足)の略です。アコムは社員が幸せに働いていなければ、お客さまを幸せにすることはできないと考えており、社員の働く環境や待遇の改善、社員の成長を促す研修制度などを充実させています。このような取り組みの成果として、お客さま応対品質が向上し続け、多くのお客さまにご支持いただけるサービスを提供することができています。

キャッシュレス

現在キャッシュレスが世の中に浸透し、サービスや決済方法も大きな進歩をとげています。アコムはローン事業が収益の大きな柱となっていますが、このような環境変化に合わせ、よりお客さまの利便性を高められるサービスの開発を進めています。いつの時代も業界に先駆けてサービスを開発してきたアコムの腕の見せ所でもあります。

わかるまで聞きます、調べます

成長意欲の高い社員はより一層成長できる環境が整っております。これはアコムならではの「わかるまで聞きます、調べます」の文化が根付いているからです。業務において疑問や不安に思ったこと、わからないことなどがあれば、いつでも上司や先輩に「わかるまで」聞くことができる環境が整っています。自己成長意欲があれば上司や先輩は「わかるまで」丁寧に教えてくれます。

×顧客 〇個客

アコムでは、お客さまを「顧客」ではなく「個客」として捉えており、お客さま一人ひとりに真の満足を感じていただくためのCS(お客さま満足)経営を推進しています。多くの場合、お客さまの数が増えるとOne of Themの対応になってしまいがちですが、アコムはお客さま一人ひとりと真摯に向き合い、ご満足いただけるサービスを提供することにこだわっています。

講義@大学

「消費者信用業界の概要」や「消費生活の中のローン・クレジット」に関する授業を大学生向けに講座として行っています。これは、学生のみなさんが社会人になる前からお金の大切さや正しいローン・クレジットの知識を身につけることで、将来金銭トラブルに巻き込まれることがないようにという思いから、金銭教育支援活動を行っているものです。みなさんが通っている大学で、もしアコムの講義を見つけたら、是非参加してみてください。