スピード感を持って 創造と革新に挑み、 「世界のアコム」を 実現します。

代表取締役副社長

CHAPTER 01 アコムを支える創業の精神と企業理念

アコムは、創業の精神である『信頼の輪』のもと、企業理念に掲げている「人間尊重の精神」「お客さま第一義」「創造と革新の経営」を精神的支柱として役職員全員が業務にあたり事業を展開しています。
「人間尊重の精神」は、お客さまや社員はもちろんのこと、株主やビジネスパートナーといった全てのステークホルダーに対して常に感謝の気持ちを忘れず、お互いが尊重し合える関係性を築いていくことを意味しています。
「お客さま第一義」は、お客さまの存在があって初めてアコムも存在しているという認識のもと、お客さまに気持ちよくご利用いただけるよう、常にお客さまの立場に立って考え、行動することを意味しています。
「創造と革新の経営」は、急速に変化する市場環境のなかでも成長を続けるために、既成概念に捉われず「昨日のアコムを超える」という意識を持ちながら事業展開することを意味しています。
アコムは、これら3つの企業理念をもとに、全てのステークホルダーの「楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」ため、全従業員が同じ目標に向かって事業を進めています。

CHAPTER 02 アコムが展開するサービスについて

「アコムは現金を融資している会社」とイメージされている方も多いことでしょう。もちろん実際に融資しているのは現金です。ただ、我々はアコムが展開しているサービスをそのように単純な見方で捉えていません。お客さまの資金ニーズの先には「欲しい商品を手に入れたい、そのサービスを受けたい」という想いがあります。しかしながら「手元に決済する手段が無い」、そのような状況の方々へ「未来のご自身への投資を実現するサポート」をしているのがアコムであると考えています。
企業として成長するためには、新たなビジネスの創出やサービスの向上が不可欠です。これまでは、消費者金融やクレジットカード、その他のカードローンと競合してきましたが、ここ最近はインターネットショッピングにおいて「後払いサービス」を取り入れている企業も出てきました。アコムは今後も創造と革新の経営を推進し、従来のビジネスやサービスを超えるものを生み出していきます。
また、アコムは現在、東南アジアで金融事業を展開していますが、それ以外の国や地域にもマーケットは確実に存在します。将来的には「世界のアコム」と呼ばれることを視野に入れた事業展開を進めていきます。

CHAPTER 03 アコムが時代の主流にいるために

最近、「世の中でキャッシュレスが進んでいるけど大丈夫ですか?」と聞かれることがあります。当然アコムは、現金や仮想通貨を作っているわけではありません。あくまで「未来のご自身への投資を実現するサポート」をしているのであって、世の中の決済方法が現金であろうとキャッシュレスであろうと、このサービスの本質が変わることはありません。
今後もアコムが時代の主流にいるためには、決済方法がどのように変化したとしても、圧倒的なスピード感を持ってサービスの向上とそれに伴うシステムの開発を進めることが重要と考えています。
先日、新興著しい中国を視察してきたのですが、デジタル化に向けてもの凄いスピードで進化を遂げている中国市場を目の当たりにし、大変刺激を受けました。今まで以上に、デジタル化に向けた開発スピードを上げて、パートナー企業の知見も積極的に取り入れながら変革を進められるように努めていきます。

CHAPTER 04 アコムの働く環境について

アコムでは、「ES(従業員満足)なくして、CS(お客さま満足)はない」と考えています。お客さまの応対を担当している社員が「笑顔」でいなければ、お客さまにご満足いただけるサービスを提供することはできません。
アコムは、かねがね職場環境に関する社員の生の声を集める社員意識調査を定期的かつ継続的に実施しており、その内容をもとに様々な改善を重ねています。集まる意見は毎回数千にも上りますが、私はその全てに目を通します。これまで職場における設備の改修や柔軟な働き方を可能とする制度改正など、数多くの改善を行ってきました。ただ、職場環境の改善にゴールはないと考えています。これからも、どうすれば「社員がもっと働きやすくなるか」を常に考え、「今日よりも明日、社員とその家族の幸せのために」について議論を重ね、より働きやすい環境整備を推進していきます。

CHAPTER 05 共に働きたい人材とは

アコムには、働いている仲間が困っていたら助け合い、「一緒にアコムをより良い会社にしていこう」と想う社員が集まっています。創業の精神である『信頼の輪』と企業理念を体現し、助け合えるマインドを持った方とぜひ一緒に働きたいと思います。
そして、何事にも果敢にチャレンジし、行動する方と一緒にアコムの未来を創り上げていきたいと思います。私はよく例え話で「買ってもいない宝くじは当たらない」と社員に語っています。当たり前の話ですが、宝くじは買わなければ当たりません。これは仕事も同じで、行動しなければ何も変化は起きませんし、今以上に良い結果が生まれることはありません。
先入観を持たない若い皆さんにこそ、疑問に思うことや違和感などから課題を見つけ、その解決策を考えて、臆せずに手を挙げていただきたいと考えています。組織で長く働いていると、「自分たちのやっていることは正しい」と既成概念に捉われてしまうことがあり、成長が鈍化してしまうことがあります。客観的な視点でアコムの課題を見つけられる人材こそが創造と革新を実現できるのです。アコムには社員の提案を積極的に受け入れる企業風土や仕組みがあり、チャンスはどの社員にも平等にあります。ぜひアコムの仲間になって、将来「世界のアコム」を実現できるよう、一緒に成長していきましょう。