CROSS TALK

先輩×後輩編

PROFILE

  • 先輩

    山田 光洋

    東日本営業部リアルサービスセンター
    2014年入社

  • 後輩

    東和田 美彩

    東日本営業部リアルサービスセンター
    2018年入社

先輩から成長を見守ってもらい、
修得した経験と知識を後輩につないでいく。
そんなアコムらしいサイクルが
今も続いています。

  • 入社して始めて配属されたリアルサービスセンターに出社をした時、「ようこそ!東和田さん」と書かれたウエルカムボードが用意されていたことが、とても印象的で心から歓迎されていると感激したことを今でも覚えているんです。

  • 私を含めリアルサービスセンター所属の全社員が新しい仲間を待ち望んでいました。東和田さんと始めて話したとき、とてもしっかりした新入社員がやってきたなと思いました。でも、当初はすごく緊張していたよね(笑)

  • そうですね(笑)配属されてしばらくの間は、とにかく仕事を覚えることに必死でした。研修プログラムの一つで新規申込されたお客さまの応対をするロールプレイテストでは、「絶対に1回で合格しないと!」とプレッシャーを感じていました。そのテストの直前に、山田さんを始めとする先輩方が励ましの言葉をかけてくれたことで緊張がほぐれ、とても心強かったのを覚えています。

  • 大したことはできなかったけど力になれて良かったです。テストに無事に合格して、最初にお客さま応対した時のことは覚えている?

  • はい、今でも覚えています。初めての応対は私にとって特別な瞬間で、ようやくアコムの社員としてスタートラインに立てた嬉しさでいっぱいでした。実を言うと、テストに合格した後、何もかも自分一人で応対していくものだと思っていたんです。でも、最初の応対を終えてからも先輩方はどんなに些細なことでも親身に相談に乗ってくれるなど、成長を見守ってもらえる「こんなにも人に寄り添ってくれる会社なんだ!」って、正直驚きました。

  • 私も入社当時に同じことを感じました!今では、そのアコムの人の良さが魅力のひとつと実感しています。

  • 山田さんには業務内容のことだけでなくプライベートについてもよく話しますよね。先輩方が後輩に気軽に話しかけてくれるので、チーム全体がいつも温かい雰囲気です。

  • 私自身も、よく先輩や上司から声をかけてもらっていました。リアルサービスセンターに所属している社員数は多く、自分が座る席が日々変わるので、チームメンバーとのコミュニケーションの機会を増やすことを心がけています。東和田さんは、入社2年目になって課題に感じたことは何かある?

  • お客さまの応対中に、スムーズなご案内ができず、ご迷惑をおかけしたことです。お客さまはもちろんですが、助けていただいた同僚や先輩方にも申し訳なく感じました。

  • その時のことはそばで見ていたので、良く覚えているよ。周囲の先輩たちから、あまり思い詰めないよう「休憩してきなよ!」って声を掛けてもらっていたよね。

  • はい。ミスを責められることなんてまるでなく、反対に「よく頑張ったね!」と言っていただけて、すっと気持ちが楽になりました。私の仕事をしっかり見てくれる人が周りにいるというのは本当に励みになります。

  • 東和田さんは、責任感が強いのでとても頼りになる反面、悩みを抱えこんでしまうよね。だから、ストレスを溜め込まないうちにいつでも相談してきてね!

  • 山田さんには、頑張っている時も、大変な時も、その時々の状況をすぐに察してもらえます。いつも見守っていただきとても助かっています。

  • 私も新入社員の時、多くの社員の方々に助けていただいたので次は私が助ける番だと考えています。入社して2年が経つけど色々と経験を積んで成長の手応えを感じた瞬間はある?

  • 入社1年目の年末に研修プログラムを終えた時、「これで私も一人前になれた」と成長を実感しました。業務に必要な知識についてはもちろんですが、お客さまに対する姿勢や目標を持ちながら行動するなど、応対スキルだけでなく大切なことを先輩方が教えてくれたからです。

  • 応対スキルを上げることだけが全てではないからね。新入社員が一歩一歩着実に成長して、たくましくなっていく姿を見るのは、自分のことのように嬉しいです。

  • 私も後輩をフォローするようになったのでお聞きしたいのですが、後輩を指導する側として心がけていることはありますか?

  • まず、自分が行動してみせる姿勢と「なぜ、それをするのか?」という仕事の背景を説明することです。背景を理解することが本質の理解に繋がりそれが成長につながると考えています。

  • 山田さんから見た、アコムの魅力はどんなところですか?

  • 私の仕事が、お客さまの人生に役立っているという「社会的価値」を感じられることと「人の良さ」が魅力に感じています。先輩からフォローしてもらいながら成長し、その経験を今度は後輩たちに伝えていく。そんな、成長サイクルが脈々とつながっていると感じます。

  • 私も同感です。それと、若い時期からいろいろな仕事を経験できるのも魅力ですよね。私は入社1年目からリクルーターとして採用活動に携わりました。普段とは違う視点で業務に携わることで、客観的にアコムを見ることができ、多くの魅力に気づくことができました。山田さんの今後の目標は何ですか?

  • 所属チームのマネジメントや後輩社員の教育にもっと力を注いでいきたいです。もちろん、いまの仕事に責任感ややりがいを持っているけれど、管理職になってチーム全体のパフォーマンスに関わる責任の大きな役割を果たしたいと思っています。東和田さんは?

  • 私は、もっとお客さま応対の質を高めることはもちろんですが、リクルーター経験を通じて培った知識を活かして、後輩の教育担当にチャレンジしたいです。

  • 東和田さんも先輩として見守る番がやってきたね。

  • はい!山田さんに背中を押してもらって成長した喜びを、次は私が後輩へ受け継いでいきたいです。

  • 東和田さんはしっかりしているので、周囲からの期待値が日々上がっているよね。ただ、それが負担になっていないかが心配かな。

  • 期待されていることは嬉しいですし、出来る限り期待に応えたいです。山田さんは、どんなことでも親身に聞いてくれますし、仕事でのアドバイスも的確で頼りになる存在です。

  • 気になることがあれば、これからも何でも相談してね。

  • ありがとうございます!おかげさまで、お客さまと応対する今の仕事が楽しくて、やりがいも感じられています。先月よりも今月、今月よりも来月と、成長できるようにこれからも頑張りたいです。

OTHER CROSSTALK クロストーク