PERSON

世界を舞台にビジネスを創り
金融インフラとして現地に貢献する、
やりがい溢れる仕事です。

儀同 将臣

ACOM CONSUMER FINANCE CORPORATION

1996年入社

PROFILE 2005年からアコムの海外展開の担当に。

入社後、東海や関西の支店で営業を担当した後、2005年からタイの子会社に赴任して現地の商品開発に携わりました。2011年に日本へ帰国、海外事業部でインドネシアにおける増資対応を担当した後、2013年から2年間、三菱UFJ銀行へ出向してリテール部門で勤務をしました。2015年にアコムへ戻り、フィリピンの子会社であるACOM CONSUMER FINANCE CORPORATION(以下、ACF)の立ち上げを担当することになりました。

CHAPTER 01 経済成長著しいフィリピンで、個人向け融資事業を開始。

現在、アコムはタイとフィリピンで金融事業を展開しており、私はフィリピンの現地法人であるACFの責任者を務めています。現在フィリピンの人口は約1億人で、平均年齢は24歳前後。今後、更なる人口増加が見込まれており、ASEANの中でもトップクラスの経済成長率を誇っています。その一方、フィリピン国内では銀行があまり多くありません。そこでアコムが医療費や学費などの個人向け融資事業を拡げるために、2017年からフィリピンにおける各種法令や市場分析などの調査活動を行い、その後合弁会社を設立して、2018年7月から事業を開始しました。

CHAPTER 02 第一号店オープンまでの険しかった道のり。

第一号店オープンにあたっては、候補地区と物件を探し、公的機関への事業申請が必要でした。しかし商慣習の違いなのか、申請してもなかなか話が進まず、オープン直前でようやく許可が下りました。その後も、お客さまやスタッフが使用するシステム開発や、現地社員の採用と教育をする必要もあり、これらの業務を日本から赴任している社員で手分けをして行いました。そして2018年7月、第一号店を無事オープンすることができたのです。2019年11月現在、フィリピン国内で拠点が20か所、現地の社員数も200名近くまで増えており、順調に成長することができています。

CHAPTER 03 アコムで働く意義と楽しさを現地スタッフに感じてもらいたい。

私が現在、最も注力していることは、現地社員にアコムの企業理念である「お客さま第一義」を理解してもらうことと、アコムで働くことに誇りを持ってもらうこと。日本とは異なるカルチャーがあり、多くのスタッフは年齢が若く、また日系企業で働くことが初めてであることもあり、全てを早期に実現することは難しいかもしれません。しかし、相手の立場を考えて会話することや彼らの価値観に共感することで、少しずつ信頼関係を築けていることから、必ず実現できると信じています。現地スタッフにも、アコムで働くことの意義と楽しさを感じてもらいたいと思っています。

CHAPTER 04 海外でビジネスを創る面白さはアコムだから得られたもの。

現在は、より多くの方に個人向けローンをご利用いただけるように、SNSを中心としたメディアでの広報を行っています。お客さまからの評判も上々で、ACFのフェイスブックには好意的なメッセージを数多くいただいています。しかし、金融インフラとしてフィリピンの人々に貢献するには、まだ店舗数も仕組みも不足していると感じており、今後は支店の増加やインターネット申し込みのシステム整備にも注力していこうと考えています。世界を舞台にゼロからビジネスを創る経験は、とても大きなやりがいと意義に溢れています。人生においてこのような経験ができるのは、海外市場にいち早く目を向けていたアコムに入社したからだと思っています。

やりたいことを実現してくれるチャンスを与えてくれる会社です。

私はタイ・フィリピンと海外での業務に携わってきましたが、実は特に海外事業を希望していたわけではありませんでした(笑)。それでもいつの間にか海外の最前線で仕事をしています。アコムという会社は、海外での仕事に興味がある方にとって、多くのチャンスがある会社だと思います。そのチャンスをうまくつかめば、やりたい仕事に就くことができるのではないでしょうか。

プライベート スポーツが好きで、休日は市内をジョギングしています。

タイ赴任時はトライアスロンをしていました。現在はジョギングをしており、市内を走りながら支店の候補地を物色しています(笑)。ちなみに走り続けていたらフルマラソンのタイムが2時間50分まで伸びました!また、フィリピンは水よりもビールの方が安く、ジョギングの後には欠かせないアイテムです!

SCHEDULE ある一日の流れ

  • 9:00
    出社、ミーティング
  • 9:10
    お客さまの情報精査、決裁業務
  • 13:00
    休憩
  • 14:00
    お客さまの情報精査、決裁業務
  • 17:00
    事務作業
  • 18:00
    退社

OTHER PERSON 他の社員を知る