PERSON

「チームや後輩のために
自分ができることは何か」を考え
続けるのが、アコムらしい働き方。

野宮 智里

西日本営業部第二コールセンター

2015年入社

入社動機 「人」に支えながら、「人」として成長できる。

自社の製品を販売するメーカーなどと異なり、自分自身が「商品」として活躍できる金融業界を中心に就職活動をしました。そんな中、アコムに入社を決めた理由は、「人」です。部活や受験など、これまで苦しい思いをした時は、家族や友人、周りの人たちが私を支えてくれました。この経験から、社会人として成長し続けるためには「人」が大事だと考えていました。そんな時に出会ったアコムの社員の方々に、他社とは異なる人柄の良さを感じました。私は年齢を重ねても魅力的であり続けたいと考えており、アコムであれば人として大きく成長できると考え、入社しました。

CHAPTER 01 お客さまとの「顔の見える応対」から「顔の見えない応対」へのギャップ。

入社後は、支店の窓口業務を担当し、新規の申込や契約内容の変更手続き等、さまざまな業務を担当しました。その後、契約内容の見直しなどお客さまにより有益な情報提供を行う第二コールセンターに異動しました。現在は、お客さまのニーズを汲み取り、新たなご提案を行うことで付加価値を提供しています。異動当初は、お客さまの表情が見えないことから、お客さまの本当に求めていることは何なのかを把握することができませんでした。支店の窓口業務はお客さまと対面で応対しますが、第二コールセンターは電話による顔の見えない応対となることから、応対方法の違いに困惑していたのです。

CHAPTER 02 応対の方法に違いはあっても、お客さまと向き合うことは同じ。

悩んでいる時期がしばらく続いたある日、上司と先輩社員から食事に誘っていただきました。そのときに、「少し気負いすぎているよ。野宮さんなりの良さがあるのだから、自分らしく応対してみたら!」と励ましの言葉をいただいたのです。振り返ると、異動当初は、「間違った言葉遣いをしたら絶対にいけない」「ルールに沿って応対しなければいけない」など過度な制約をかけており、お客さまと向き合うことができておりませんでした。先輩社員からアドバイスをいただいたことで肩の荷が下り、私らしいコミュニケーションが取れるようになりました。今では、お客さまのニーズを汲み取ることができるようになり、コールセンターの応対に自信がつきました。

CHAPTER 03 仕事の考え方を広げてくれた先輩社員からのアドバイス。

現在は、チームを牽引するメンバーの一人として働いていますが、当初はなかなか上手くチームを引っ張ることができず悩んだ時期もありました。それでも、上司や先輩社員の支えもあり、自信を持って仕事を進められるようになりました。そんな時、先輩社員から「自分も大切だけど、チームや後輩社員を想う行動をすることも大切だよ。そうすると、もっと良い成長ができるよ」という言葉をいただきました。「周囲に認められたい」と視野が狭くなっていた時にいただいた先輩社員の言葉は、私の仕事の進め方や人への接し方の枠を拡げてくれました。それ以来「チームや後輩社員のために、できることは何か」を常に考えて動けるようになり、よりアコムらしい働き方ができてきたかなと思っています。

CHAPTER 04 歳を重ねるごとに輝きを増す女性管理職を目指して。

私がアコムに入社した理由は「人」ですが、入社後はそんな「人」に支えられながら大事なことに気づかせてもらい、ここまで成長することができました。今、私には大きなやりがいが二つあります。一つはお客さまから感謝の言葉をいただけること、もう一つが後輩社員の成長を間近で見られることです。これからもチームのみんなが働きやすく、活き活きできる環境は何か?を常に模索しながら、人として成長を続けることが目標です。そして、「いつか野宮さんのようになりたい」と周囲の社員から認められ、後輩社員から頼りにされるなど、歳を重ねるごとに魅力が増すような女性管理職になりたいと思っています。それこそが、人を大事にするアコムらしいキャリアだと感じます。

自慢の先輩 or 同僚 or 後輩 誰とでもフランクに話ができる職場環境です。

金融業界は堅いイメージが強かったため、入社前は上司や同僚とこんなにフランクに話せることなんて想像できませんでした。上下関係のしがらみを感じず、組織を越えて誰にでも相談できますし、働きやすい環境です。本当にここは金融会社なのかとそのギャップに驚くはずです。

プライベート 休日は妹と一緒に、カフェ巡りをしています。

基本的には家でまったりと過ごすことが多いのですが、休日は妹と二人で一緒にカフェ巡りをしています。大阪市内のカフェが中心となりますが、先日は京都で話題になっているカフェにも行ってきました。

SCHEDULE ある一日の流れ

  • 9:00
    出社、メール・通達チェック、ミーティング
  • 9:10
    お客さまへの案内業務
  • 12:00
    休憩
  • 13:00
    お客さまへの案内業務
  • 16:00
    SV(スーパーバイザー)ミーティング
  • 17:00
    お客さまへの案内業務
  • 18:00
    退社

OTHER PERSON 他の社員を知る