PERSON

失敗さえも成長の糧に。
そんな大きな包容力と、
人を大切にする心がある。

多田 裕哉

システム統轄部 システム開発室
システム企画チーム

2014年入社

入社動機 自然体で働ける環境だからこそ、自分の力を発揮できる。

商学部で会計学を専攻していましたが、就職活動では、分野は絞らずに「働きやすい職場環境」を求めていました。入社の決め手になったのは、アコムなら自然体の自分でいられると感じたからです。就職活動において、親身に接してくれる企業もありましたが、アコムはそれだけでなく、あらゆる質問に対して裏表なく回答してくれ、選考中の些細な会話も覚えてくれていました。このように人を大切にしてくれる社員と一緒に働ける環境であれば、自分の力を最大限に発揮できるのではないかと考えたのが入社の理由です。

CHAPTER 01 業務分析や事業部の要望を受け、開発の起点となる要件定義をまとめる。

所属するシステム統轄部では、アコムにある全てのシステムの企画・開発ならびに運用・管理を行っています。私は企画・開発の担当者として、ローン事業に関する現行システムの改善をはじめ、新しいシステム導入に向けた業務分析や各部署との調整、そして開発推進を行っています。各事業部の現場からは、お客さまの利便性の向上や事務作業の効率化などの、様々な要望が寄せられます。そんな要望一つひとつの重要度、緊急度を精査した上で、どのような技術を導入すれば実現できるのかを深掘りしながらプランニングしています。

CHAPTER 02 入社してすぐに気付かされた物事の本質を意識する重要性。

現在のシステム統轄部に異動する前は、東日本営業部リアルサービスセンターに在籍していました。その部署ではお客さまの応対を担当していたのですが、当時の上司から「目の前の業務をこなしているだけでは、今後の成長につながらないよ」と声をかけられました。なぜ、今この業務を行う必要があるのか。業務の背景にある、物事の本質や目的を意識した上で仕事に取り組めば、おのずと自身の成長につながると気づかされたのです。それからは、日々何気なく操作しているシステムに対しても改善案を考えられるようになり、あらゆる業務においても常に本質を意識するようになりました。

CHAPTER 03 「失敗と思わなくて良い」。上司の一言で前向きになれた。

システム統轄部に異動後は、「最先端技術を導入し、お客さまや従業員の利便性が格段に向上するシステムを造る。」という、大規模開発プロジェクトを任せていただきました。しかし、完成したシステムを導入する直前になって、システムに必要な要件が満たされていないことがわかり、延期を余儀なくされてしまいました。開発の当事者としての責任を感じていた時、上司から「失敗から学ぶことの方が多いよ」と声をかけていただきました。その一言で、気持ちを切り替えることができ、計画初期より良いシステムを造ろうと前向きに考えられるようになったのです。アコムには失敗さえも成長の糧にしてくれる、そんな大きく優しい心があるのだと感じました。

CHAPTER 04 会社の動向を俯瞰して眺め各事業の展開に貢献する。

今、アコムは発展の著しい東南アジアでの事業展開に力を入れています。私もフィリピンに出張し、新たなシステムの開発に貢献しました。システム統轄部は、システム開発を通してアコムの動きを俯瞰することができるので、各事業部の動向をいち早く察知して、問題の解決に協業して取り組めることが仕事の醍醐味です。その中で私が心がけているのは、「物事の本質を意識すること」「自分の考えを述べること」「相手の意見を遮らないこと」です。この3つを極めることができれば、事業部の担当者や後輩からも慕われる影響力のある存在になれるはず。「多田さんが言うなら、そうしよう!」と思われる社員になるのが理想です。

自慢の先輩 or 同僚 or 後輩 素晴らしい仲間に出会えるプラスの要素があります。

上下関係なく、円滑にコミュニケーションを取れるような社風がどの部署にも浸透しています。そのため、仕事上の人間関係はもちろんのこと、プライベートでも良い関係が築ける仲間がたくさんいます。

プライベート 野球でリフレッシュ。試合後のビールは格別です。

会社の先輩社員がプライベートで立ち上げた軟式野球チームに所属しています。私のポジションはセンター。地区大会にも参加していますので大会のシーズン中は月2回ほど全員で活動していますが、平日の昼休みを利用して肩慣らしに後輩社員とキャッチボールをしています。ちなみにプロ野球は阪神タイガースのファンです。

SCHEDULE ある一日の流れ

  • 9:30
    出社、メールチェック
  • 10:00
    協力会社との要件調整打ち合わせ
  • 12:00
    休憩
  • 13:00
    外出
  • 13:45
    本社到着
  • 14:00
    他部署との要件調整打ち合わせ
  • 15:30
    帰社、要件定義作成
  • 18:30
    退社

OTHER PERSON 他の社員を知る