PERSON

自分で考えて行動させる。
アコムは本気で人の成長と
向き合う会社です。

若山 竜也

保証事業部 第一提携推進チーム

2016年入社

入社動機 継続的な収益モデルに魅力を感じた。

大学での専攻は統計学でしたが、将来のビジョンが明確ではない中で就職活動を行っていたところ、アコムの会社説明会で「ストックビジネス」というビジネスモデルを知りました。「ストックビジネス」の将来にわたって継続的に収益を上げることができるという、安定性に魅力を感じました。また、消費者金融は「欲しい商品や受けたいサービスを手に入れるために、未来のご自身への投資によって想いを実現するサービス」を提供しており、お客さまに貢献できる仕事と考えました。その他にも、アコムの社員の方々はとても気さくで話しやすく、面接時に「この部署なら、若山さんの学んだ知識を活かせるね」と逆に提案されたのも新鮮で、会社の考え方に共感できたことも入社した理由です。

CHAPTER 01 与信・審査ノウハウを活かし、提携先と協働で新規開拓を推進。

入社3年目に、西日本営業部カウンセリングセンターから現在所属している保証事業部に異動となりました。信用保証事業では、提携先金融機関が取り扱っているローン商品を利用されるお客さまの債務保証を行っています。信用保証事業は、提携先金融機関との緊密なコミュニケーションが求められます。私は、提携先金融機関と協働してカードローンサービスの利便性の向上を目指しており、施策の検討や提案を行うほか新規開拓にも取り組んでいます。

CHAPTER 02 常に正確な回答を心がけ、「頼りになる担当者」を目指す。

提携先金融機関にとっては、私たち保証事業部の印象がアコム全体の印象となることから、常に「誠実であること」を心がけています。各種統計データや貸金業務に関する法律など、業務の遂行に必要な知識はたくさんあります。曖昧な回答をして提携先金融機関やその先にいるお客さまにご心配をおかけしないように、しっかりと調べて的確に回答することを心がけています。また、提携先金融機関から、さまざまな相談や要望を受けることがあります。例えば、新しいキャンペーンの広告の訴求方法などの相談になると、社内の関連部署にサポートしてもらいながら、最良の施策を検討します。

CHAPTER 03 ご担当者さまからいただいた感謝の言葉が仕事の自信に。

初めて提携先金融機関を先輩社員と担当した時、悔しい思いをしたことがありました。提携先金融機関の担当者から入る連絡の大半が、私宛ではなく先輩社員宛だったのです。少しでも存在をアピールしたいと考え、先輩社員から多くを学びながら、自分にできることは何かを考え、積極的な姿勢で取り組むことで信頼を得ることができました。今では「若山さんのお陰でとても助かりました」など感謝の言葉をいただけるようになりました。アコムには「この人の下で学びたい」と思える上司や先輩社員が数多くいますが、どの方も単に教えるだけでなく、自分で考える機会を与えてくれるなど、私の成長を見据えたアドバイスをしてくれます。

CHAPTER 04 自分の意見を発信していくことが自信と成長につながっていく。

日々の仕事の中で提携先金融機関から受ける相談内容は幅広く多岐にわたることが多く、回答や判断に困る場面があります。そんなとき、上司や先輩社員から「お客さまにとって何が最良だと思うか」、「自分はどうしたいと思うか」など、物事を判断するための様々な軸について気付きをもらっています。私の考えや意見を述べた上で相談にのってくれるので、自分をごまかさずに仕事ができていますし、あらためて「アコムは人の成長と本気で向き合ってくれる会社」だと実感しています。

自慢の先輩 or 同僚 or 後輩 組織を越えて貫かれている「お客さま第一義」。

さまざまな部署の担当者と仕事をする機会が多いので、アコム全体に「お客さま第一義」が貫かれていることが分かります。どの部署でも提携先金融機関やお客さまにとって何が最良かを一番に考えるなど、会社が一体となっていることに誇りを持っています。

プライベート 週末は同僚とバーベキューなど賑やかに過ごしています。

大学まで九州で過ごし、入社してからは大阪の営業部に勤務していたので東京は2年目です。まだ友人が少ないのですが、週末は職場の仲間とよく出かけています。春は花見、アウトドアシーズンになれば釣りや河原でのバーベキュー、ビアガーデンなどに繰り出しています。天気の良い日のバーベキューは特に最高です。

SCHEDULE ある一日の流れ

  • 9:00
    出社、メールチェック
  • 10:00
    外部企業との打ち合わせ
  • 12:00
    休憩
  • 13:00
    会議資料作成、外出
  • 14:00
    提携先の企業との打ち合わせ
  • 15:30
    帰社、データ集計、提案資料作成
  • 18:00
    退社

OTHER PERSON 他の社員を知る