カードローンのイメージ画像
2022.04.04

カードローンの基礎知識を解説!利用時のメリットや申込方法もご紹介 wave

カードローンとは、担保不要でお金を借りることができ、利用限度額の範囲内であればATMなどを利用して繰り返し借入・返済ができる金融商品です。

個人向けの商品が多いですが、中には法人が利用できるカードローンもあります。 「審査が早い」、「借入・返済方法が豊富」といったメリットがありますが、利用するには審査に通過する必要があります。

この記事では、カードローンの基礎知識や注意すべき点、メリットをご紹介していきます。

申し込みの手順についても触れていくので、申し込みを検討している方はぜひ参考にしてください。

  1. カードローンは保証人不要・無担保で借入が可能な金融商品
  2. カードローンの2大長所を解説
  3. カードローンとフリーローンの違いについて
  4. カードローンを利用する際の注意点
  5. カードローンの申込方法をご紹介
  6. カードローンのまとめ

カードローンは保証人不要・無担保で借入が可能な金融商品

カードローンとは、主に消費者金融や銀行が提供している金融商品です。

担保・保証人不要で借入が可能であり、契約極度額の範囲内であれば、繰り返し融資を受けられるという特徴があります。

特に、消費者金融のカードローンは審査スピードの早さが特徴的で、即日借入に対応可能な商品もあります。

例えば、アコムのカードローンは審査最短30分で最短即日借入も可能です(※1)。

(※1)申込方法や契約方法、審査内容、申し込みいただく時間帯などによって異なります。

銀行が展開するカードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると、一般的に借入金利が低い傾向がありますが、審査結果が分かるのは最短でも申し込みの翌営業日以降となります。

このように、同じカードローンであっても、提供する金融機関によって特徴やメリットが異なります。

カードローンの2大長所を解説

カードローンのメリットをイメージした画像

カードローンには、「借入・返済方法が豊富である」、「契約極度額(借入限度額)が大きい」という2つの長所があります。

それぞれについて、詳しく解説していきましょう。

借入・返済方法が豊富で利便性が高い

カードローンの多くは、コンビニATMでの借入・返済、インターネットや電話での申し込みによる振込融資に対応しています。

アコムのカードローンでは、自社ATMに加えて、以下のように多くの提携ATMでのお借入・ご返済が可能です。

提携ATM一覧
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネットATM(※2)
  • イオン銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 東京スター銀行
  • 八十二銀行
  • 三十三銀行
  • 広島銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福岡銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行
  • クレディセゾン

(※2)E-netのマークがあるコンビニ等のATM(ファミリーマート・ポプラ・デイリーヤマザキ等)

アコムではATMだけでなく、「振込によるお借入」も可能です。

インターネットや電話によるお振込のお申し込みは24時間365日可能であり、お申し込み完了から最短1分程度で、本人名義の金融機関口座にお振込みしています(※3)。

(※3)振込実施時間はご利用されている金融機関によって異なります。

契約極度額の上限が高い

多くのカードローンの契約極度額の上限は100万円以上であり、中には1,000万円を超える高額な上限額が設けられている商品もあります。

カードローンの貸付利率は、契約極度額が高額になるほど低くなる傾向にあります。アコムの契約極度額は1万円〜800万円の範囲内で設定され、貸付利率は実質年率3.0%~18.0%となります。

また、アコムではカードローンのご契約がはじめてという方に対し、「30日間金利0円サービス 」を実施しています。

契約日の翌日から30日間は無利息になるサービスで、この「30日間金利0円サービス」を活用することで利息を抑えられます。

カードローンとフリーローンの違いについて

「担保・保証人不要で利用できる」という点では、主に銀行が展開する「フリーローン」もカードローンと同じ特徴を持っています。

フリーローンとカードローンの大きな違いは、借入回数の違いです。一般的に、フリーローンの借入回数は1回のみであり、追加で借入する場合は再審査を受ける必要があります。

しかし、カードローンは契約極度額の範囲内であれば、繰り返し利用することができます。

フリーローンの利用使途は原則自由ですが、事業用・投資用としての利用は不可とされている場合が多く、中には目的別のフリーローンもあります。

一般的に、カードローンは事業用・投資用としての利用も許容されていることが多いので、使いみちが自由な商品であり、様々な場面で役立てることができます。

アコムのカードローンも、利用目的は自由です。1万円~800万円の契約極度額の範囲内で、繰り返しご利用いただくことができます。

カードローンを利用する際の注意点

カードローンは利便性や自由度が高いものの、利用するうえで気をつけておきたいポイントもあります。

ここでは、カードローンを利用する際に気をつけたい3つの点をご紹介します。

  • カードローンを利用するためには審査が必要
  • カードローンの借入には「総量規制」が大きく関係する
  • カードローンの利用後は毎月一定額以上の返済をしなければならない

カードローンを利用するためには審査が必要

カードローンを利用するためには、「審査」に通過する必要があります。

審査では、年収や信用情報機関などの情報が確認されます。審査基準を満たした方には契約極度額が設定され、契約後に借入が可能になります。

カードローンの借入には「総量規制」が大きく関係する

「総量規制」とは、原則として貸金業者による利用者の年収の3分の1を超える貸付を禁止する規制のことです。

そのため、総量規制の対象である消費者金融のカードローンでは、貸金業者からの借入総額が年収の3分の1を超える場合には、追加の借入ができなくなります。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、全国銀行協会によって審査態勢などの整備が進められています。

カードローンの利用後は毎月一定額以上の返済をしなければならない

カードローンの借入をすると、毎月一定額以上の返済が求められます。同じ金額の借入をしたとしても、カードローン会社によって最少返済額は異なります。

例えば、アコムでの契約極度額が50万円の方が10万円を借りた場合、最少返済額は3,000円となります。

借入金額が増えるほど、毎月の最少返済額も高くなる傾向にあります。あらかじめ返済計画を立てた上で、計画的にカードローンを利用しましょう。

カードローンの申込方法をご紹介

申込方法が多彩であることも、カードローンが持つ特徴のひとつです。

アコムのお申込方法は、「インターネット」、「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)」、「郵送」、「電話」の4種類です。

例として、スマートフォンやPCでお申し込みからご契約まで完了できる「インターネット」での申込方法を解説します。

インターネットからの申し込みは3ステップで完了

アコムのインターネットからのお申し込みは、「1.申し込み」、「2.書類の提出(本人確認など)」、「3.審査完了」の3ステップで完了します。
審査の結果連絡は最短30分で最短即日融資にも対応しているため、急いで融資を受けたいという方にもおすすめです(※4)。

(※4)申込方法や契約方法、審査内容、申し込みいただく時間帯などによって異なります。

インターネットからであれば、出先や自宅でも簡単にお申し込みが可能です。

書類の提出は、お申し込み後に届くメールに記載のURLからログインし、「書類等のご提出方法」から、以下の5つの方法の中からご都合にあった方法でご提出いただけます。

  • マイページからのアップロード
  • スマホアプリからのアップロード
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

「マイページからのアップロード」、あるいは「スマホアプリからのアップロード」であれば、書類を写した写真をスマートフォンなどでアップロードするだけで完了します。

書類のコピーといった余計な手間もかかりません。

審査時に必要な書類について

一般的に、カードローンの審査の必要書類は、「本人確認書類」と「収入証明書」の2種類です。

本人確認書類は必須で提出する必要がありますが、収入証明書の提出が求められるのは一定の条件を満たした方のみです。

アコムのカードローンでは、以下のような本人確認書類をご提出いただきます。

本人確認書類

  • 運転免許証(表・裏)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • 保険証(表・裏)

スマホアプリ、またはご来店(店頭・むじんくん)で本人確認書類をご提出の場合は、上記4点のうちいずれか1点のご提出で完了です。

Web(アップロード)、FAX、郵送の場合、原則として本人確認書類のうち、いずれか2点をご提出いただく必要があります。

1点しかない場合は、発行日から6ヵ月以内の「住民票の写し」もしくは「公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHKなど)」を2点目としてご提出いただくか、上記のスマホアプリ、またはご来店でのご提出をご検討ください。

また、「アコムでのご利用限度額が50万円を超える場合」、「アコムのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合」のいずれかに当てはまるときは、収入証明書のご提出が必要になります。

カードローンのまとめ

カードローンに関する総括をイメージした画像

カードローンは、消費者金融や銀行が展開する金融商品であり、担保・連帯保証人不要で借入が可能です。

注意点を理解しておけば、カードローンは急な資金需要をサポートする心強い味方となるでしょう。

また、申込時には必要書類の提出を求められるため、あらかじめ用意しておくとスムーズに審査を進めることができます。

計画的な返済を心がけ、カードローンをあなたの暮らしにお役立てください。

アコムへのお申し込みはこちら
wave wave

RELATED RELATED

  1. カードローン・キャッシングのアコム
  2. お金の学び場「LOAN myac」
  3. カードローン
  4. カードローンの基礎知識を解説!利用時のメリットや申込方法もご紹介