2023.10.13

カードローンにデメリットはある?上手く活用するためのコツも紹介 wave

カードローンは、困った時にすぐ使える身近なキャッシングサービスのひとつです。

カードローンに対して「お金を借りるのは不安」「怖いイメージがある」という方は、カードローンについて正しく理解できるよう、この記事をお役立てください。

  1. カードローンのデメリットと解決方法は?
  2. カードローンを上手く活用するためのポイントは?
  3. まとめ

カードローンのデメリットと解決方法は?

カードローンのデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 利息がかかる
  • 返済が長くなる可能性がある
  • 信用情報の記録

ここでは、それぞれのデメリットとデメリットを解決するための方法を詳しく解説します。

利息がかかるとどうなる?

カードローンでお金を借りると、利息をプラスして返済する必要があります。

例えば10万円を借りた場合、10万円のみ返済すれば良いというわけではありません。返済金額は「10万円+利息」となります。

利息を正しく理解してデメリットに対応

カードローンに対して「利息がかかるから不安」「たくさん利息をとられそう」と心配に思っている方は、具体的に利息を計算してみることをおすすめします。

実際に利息の金額を計算し、利息の仕組みを正しく理解することが、不安を解消するポイントになります。

一般的に、カードローンの利息は下記の式で計算されます。

利息の計算式

  • 借入残高×借入利率÷365日(※1)×利用日数

(※1)うるう年の場合は366日

例えば、実質年率が18.0%でお金を借りた場合を解説します。

10万円を30日借りた場合

10万円×18.0%÷365日×30日=利息1479円

20万円を30日借りた場合

20万円×18.0%÷365日×30日=利息2958円

より詳しく利息を計算したい場合は、カードローン会社が提供するシミュレーションの利用がおすすめです。

例えば、アコムの「ご返済シミュレーション」では、毎回の返済金額や利息の目安を簡単に計算できます。

アコムへのお申し込みはこちら

返済が長くなるとどうなる?

前述したように、カードローンの利息は下記の式で計算されます。

利息の計算式

  • 借入残高×借入利率÷365日×利用日数

つまり、利用日数が長くなれば利息も増え、返済しなければならない金額が増えます。

例えば、実質年率が18.0%で10万円借りた場合を解説します。

30日借りた場合

10万円×18.0%÷365日×30日=利息1479円

15日借りた場合

10万円×18.0%÷365日×15日=利息739円

利用日数が短いほど、利息の負担を少なくすることができます。

一括返済や任意返済でデメリットに対応

「任意返済」とは、決められた約定返済日とは別のタイミングで返済をすることです。

早めに返済することで利用日数が短くなり、結果的に利息や支払総額も抑えることができます。

また、借入残高すべてを一括で完済することを「一括返済」といいます。

利用日数が長いほど利息がかかるため、ボーナスや臨時収入のタイミングで、一気に完済することも、利息を抑える方法のひとつです。

信用情報に記録が残るとどうなる?

信用情報とは、キャッシングサービスやクレジットカードを利用した際の契約内容、利用状況、利用残高といった情報のことを指します。

カードローンに限らず、ローンやクレジットカードを契約する際は、ローン会社が申込者の信用情報を確認し、審査が行われます。

審査で「この人は過去に何回もカードローンの返済を延滞している」といった情報がわかれば、ローンやクレジットカードを契約するときに不利になることがあります。

無理のないローン利用でデメリットに対応

「記録が残るなんで怖い!」と過度に不安に思うのではなく、無理のない範囲でお金を借り、滞納することなく返済を行うことが大切です。

信用情報に借入の記録があるからといって、ローンやクレジットカードの審査に落ちるわけではありません。

お金を借りすぎず、延滞やトラブルなく利用するのであれば、信用情報が審査に悪影響を及ぼす可能性は低いです。

カードローンを上手く活用するためのポイントは?

カードローンを上手く活用するためのポイントは?

カードローンのデメリットを理解したうえで、上手く活用するための方法を紹介します。

カードローンを上手く活用するためのポイントとして、以下の3つが挙げられます。

  • 借入までのスピード
  • 借入・返済方法の利便性
  • 無利息サービス

借入までのスピード

カードローンによっては、申し込んだその日のうちに借入ができる「即日融資」に対応しているものもあります。

なかでも消費者金融のカードローンは審査が早い傾向にあるため、急いでお金を借りたい方にはおすすめです。

審査の早いカードローンはある?

消費者金融のカードローンも様々であるため、ここでは例としてアコムのカードローンを解説します。

アコムのカードローンは、最短で即日融資にも対応しています(※2)。

(※2)お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。 

さらに、「振込で借りる」方法であれば、ご自身のスマートフォンから、オンラインで手続きができます。

振込で借りる手続き完了後は、最短10秒で口座にお振込みすることも可能です(※3)。

(※3)振込実施時間はご利用されている金融機関によって異なります。

困った時にすぐ借入できるかどうか、カードローンを比較する際にはチェックしておきましょう。

アコムへのお申し込みはこちら

借入・返済方法の利便性

店舗やATMの利用だけではなく、オンラインで借入・返済の手続きができるカードローンもあるため、ご自身にとって利用しやすい方法が用意されているかどうかを確認しておきましょう。

また、返済にかかる手数料も重要なポイントです。

1回の手数料は数百円であっても、毎月返済するたびに手数料がかかると、累計で何千円、何万円となる場合もあります。

無利息サービスの有無

カードローンによっては、「無利息サービス」「金利0円サービス」で利息を抑えて利用できる場合があります。

利息のかからない期間が設定されており、サービス期間内であれば利息は0円となります。

アコムの無利息サービス

例えばアコムの場合、アコムでのカードローン契約がはじめてのお客さまは、「30日間金利0円サービス」が適用されます。

契約日の翌日から30日間は無利息になるサービスで、期間内であれば利息は0円となります。

無利息サービスを上手く活用することが、カードローンをお得に利用するためのポイントです。

まとめ

カードローンに対して「利息をたくさん取られそう」と不安に思っている方は、シミュレーションなどで実際に返済金額・期間・利息を計算してみると良いでしょう。

無理のない金額を借り、しっかり返済計画をたてておくことが、カードローンを利用するうえで大切です。

カードローンは身近なキャッシングサービスであり、借入スピードが早い、利便性が高い、無利息サービスがある、などメリットも多いです。

例えば、アコムのカードローンは最短で即日融資が可能であり、契約日の翌日から30日間は無利息になる「30日間金利0円サービス」もあります(※2)。

(※2)お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。 

カードローンをお得に利用したい方は、ぜひアコムのカードローンをご検討ください。

アコムへのお申し込みはこちら
wave wave

RELATED RELATED

  1. カードローン・キャッシングのアコム
  2. お金の学び場「LOAN myac」
  3. カードローン
  4. カードローンにデメリットはある?上手く活用するためのコツも紹介
閉じる