中期経営計画

当社グループは、「一人でも多くのお客さまに最高の満足を感じていただき、個人ローン市場において社会に信頼されるリーディングカンパニーを目指す」という経営ビジョンの下、ローン・クレジットカード事業、信用保証事業、海外金融事業を中核3事業と位置付け、個人ローン市場におけるシェアの拡大に努めてまいります。

中期経営計画(2020年3月期~2022年3月期)

中期経営方針

環境変化にスピード感をもって対応し、持続的成長と企業価値の向上を図るとともに、お客さまの期待を超えるサービスを創出する

資本政策・配当

資本政策の基本的な考え方

  • 当社は、企業価値を向上させるべく、強固な収益力、適正な自己資本のもと、株主還元の更なる充実を図ることを資本政策における中長期的な目指す姿としております。
  • 今中期経営計画期間においては、自己資本の適正化を最優先としつつ、収益力強化を図り、株主還元の拡充を目指してまいります。
資本政策の基本的な考え方 資本政策の基本的な考え方

経営指標

  • 連結ROE
    12%以上
  • 連結総資産に信用保証残高を
    加算して算出した自己資本比率
    20%

配当の基本的な考え方

  • 業績、自己資本ならびに当社を取り巻く経営環境を勘案の上、安定的、継続的な利益還元を図り、株主還元の充実を目指す
配当の基本的な考え方 配当の基本的な考え方

連結業容・業績目標

  • 営業債権残高
    25,068億円
  • 営業収益
    2,842億円
  • 営業利益
    910億円

連結営業債権残高

連結営業債権残高 連結営業債権残高

連結営業収益

連結営業収益 連結営業収益

連結営業利益

連結営業利益 連結営業利益

中期重点テーマ/事業戦略・機能戦略

中期重点テーマ

  1. コンプライアンス・カルチャーの醸成
  2. 採用・育成・定着の強化による人材基盤確立
  3. 与信・プロモーションの高度化による集客力向上
  4. 応対品質強化とデジタル化推進による良質な顧客体験の提供
  5. ローン・クレジットカード事業の持続的な業容拡大
  6. 信用保証事業における提携先との更なる連携強化
  7. 海外金融事業の基盤拡充
  8. 適正な債権保全の実現
  9. 環境変化へ的確に対応するためのIT態勢構築
  10. 業務改革による高品質・高生産性の態勢構築

事業戦略

  1. ローン・クレジットカード事業
    1. 顧客ニーズの変化に適応した商品・サービスの提供
    2. 安定した集客に向けた与信・プロモーション戦略
  2. 信用保証事業
    1. 既存提携先との連携強化
    2. 収益性の向上
    3. 新規保証提携先の拡大
  3. 海外金融事業
    1. ASEANを中心とした調査活動
    2. 既存子会社の経営管理態勢の強化

機能戦略

  1. デジタル/IT
    1. キャッシュレス社会に適応した「融資・決済」サービス
    2. 超即時審査の実現による良質な顧客体験の創出
    3. 基幹システムのリノベーションの推進
  2. 業務改革
    1. 業務改革推進体制の整備
    2. RPAの全社展開

ページトップへ