信用保証事業

信用保証事業とは、提携先金融機関が販売するローン商品を利用されるお客さまの債務保証をおこなうビジネスです。

アコムグループでは、アコムと連結子会社であるエム・ユー信用保証の2社で信用保証事業を展開しており、提携先金融機関は、アコムが30行、エム・ユー信用保証が25行、アコムグループ合計で55行(重複提携先3行を含む)と提携し、事業を展開しています。

信用保証事業の強み

アコムグループの信用保証事業は、提携先銀行を原則、1都道府県につき1行の有力地方銀行とすることを基本戦略としています。

提携先を1都道府県につき1行とすることで、地方銀行間の商圏のカニバリゼーションを防ぐと共に、提携先銀行を限定することで、提携先銀行と緊密な提携関係を維持し、各行のニーズや実情に合わせた、きめ細やかな商品・サービスを提供することが可能となり、信用保証事業の強みとなっています。

加えて、これまでローン事業で培ってきた与信・審査ノウハウと債権管理ノウハウを信用保証事業に活用し、また必要に応じてアコムグループ社員を出向させるなど人的支援も実施していることも強みとなっています。

信用保証残高、口座数の推移(アコム、エム・ユー信用保証)

信用保証残高、口座数の推移(アコム、エム・ユー信用保証)

※2021年3月期の業績予想は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、合理的な算出が困難なことから「未定」としております。
今後、業績予想の算出が可能となった段階で、速やかに公表いたします。

ページトップへ